日本酒・食品部門

私たちの基幹部門であります。 主に東アジア、南米地域へ、酒類・食品の輸出を行います。 日本全国のメーカー様より商品を買い付け、自社手配のコンテナに商品を集め、 輸出を行います。 複数のメーカー様の商品を1つのコンテナにまとめて輸出します。一商品10ケース未満の小口対応も可能になるので、万が一現地で在庫の売れ残りによる品質劣化のリスクがありません。 その他、1コンテナに至らない場合の混載便にも対応いたします。 ドライ(常温)、リーファー(冷蔵)コンテナと、空輸で対応致します。 商品の品質保持のため、基本的に日本酒及び南米地域につきましてはリーファーで輸出させていただきます。

1)弊社買い取り
弊社が御社の商品を買い取る形で輸出、現地の販売パートナーと協力しながらリピート商品へと発展させて行きます。
メーカー様にとって代金回収リスクは無い上、現地でのマーケティングもこちらが主体的に行いますので、一番安心して取引していただける方法です。
ただし継続的な活動をつづける上で、仕入れ先様との緊密な関係が必須となります、本気で海外輸出を御社の事業に据えたいお客様のみ取引を希望します。

2)輸出代行業務
お客様がお望みの商品を弊社のコンテナに載せ、通関・検疫してい倉庫搬入までをお手伝い致します。
現地に既に顧客がいらっしゃり、御社の輸出商品の全てを相手が引き受けていただく方のみお手伝いさせていただきます。
または、現地にいらっしゃるお客様からの「この食品を輸入したい」というニーズにもお応えします。

ページのトップへ戻る